用語

ビジネスフォン

ビジネスフォンとは、主装置と呼ばれる制御用の機械と複数の専用電話機とで構成され、内線と外線の2種類を使い分けられる業務用の電話機または電話システムのことです。主に企業のオフィスで使用されます。

PBX

PBX(Private Branch eXchanger)はよく構内交換機と訳されます。オフィス内に設置された電話回線のためのローカルな交換機のことで、電話局で使われる局内交換機と似ています

IP-PBX

IP電話を使うことを前提としたPBXです。電話線ではなくLANやWAN経由で音声を送受信し、パソコンなどと同様、IPネットワークを利用します。
電話機とインターネットの配線をLANケーブルだけに集約できるためオフィス内の配線がシンプルになり、導入コストも抑えられます。

クラウドPBX

オフィス内ではなくクラウド上のPBXを利用するPBXです。
インターネットからサービスが提供されるのでハードウェアを導入する必要がなく、IP-PBXのソフトウェア型とも違ってサーバーも使わずに導入できます。また、拠点が複数あって分散していても同じPBXを利用できるのも特徴です。回線の増減や設定の変更はブラウザから設定でき、CPUのトラブルなどに自社で対応する必要もありません。

ボイスワープ

ボイスワープとは、自宅やオフィスにかかってきた電話をあらかじめ設定しておいたほかの電話番号(携帯電話やスマートフォンを含む)に転送できるサービスです。
NTT東日本・NTT西日本の加入電話(固定電話)、INSネット(ISDN回線)、ひかり電話(IP電話)で利用できます。

自動転送機能

自動転送機能はかかってきた外線を自動的に転送する機能で、「無条件転送」と「無応答時転送」という2つの設定ができます。
無条件転送は転送元の電話を鳴らすことなく、即座に転送します。これに対し、無応答時転送は転送元の電話を呼び出して鳴らしたあと、応答がないときにだけ転送します。無応答時転送の設定時には、呼び出している最中に電話を取ると、転送される前に転送元で通話ができます。

セレクト機能

あらかじめ登録してある電話番号からかかってきた場合のみ、着信または転送する機能です。
そのためかかってきた電話番号が非通知のときは転送されません。

フリーアドレスオフィス

フリーアドレスとは、社員が個々に自分だけの席(デスク)を持たず、その日そのときによって自由に席を選んで働くことができるオフィススタイルのことです。
1990年代後半から外資系企業やIT企業を中心に導入されるようになり、現在ではさまざまな業界の会社がフリーアドレスを活用するようになっています。

アナログ回線

アナログ回線は、ダイヤル回線とプッシュ回線の2種類にわかれます。
電話をかけた時に「ジジー」と鳴る場合はダイヤル回線で、電話をかけた時に「ピッポッパ」と鳴る場合はプッシュ回線です。1台の電話には1回線しか引くことができません。

デジタル回線

デジタル回線は、ISDN回線・IP電話・ひかり電話 などの種類があり、音声をデジタル化することにより、1つの回線で複数台の電話機を繋げることが可能になります。