1. トップ
  2. お役立ち情報
  3. ビジネスフォンの選び方
  4. どう決めればいい? ビジネスフォンの回線数

投稿日:
2019/05/08

どう決めればいい? ビジネスフォンの回線数

例えば、複数人のスタッフが働いているオフィスに電話が1台しかなかった場合、誰かがその電話を使っている間は、他の人は電話をかけたり、受けたりすることができないため仕事になりません。そこで、1つの電話番号で複数の通話ができる「ビジネスフォン」が活躍するわけですが、いざビジネスフォンを導入するとなると、「回線数をどうしたら良いのか」という問題で悩む担当者の方は多いのではないでしょうか。最適な回線数というのは、その会社の規模やオフィスにいるスタッフの人数によっても異なるからです。そこで今回は、ビジネスフォンを導入する際の回線数の決め方について、詳しく解説していきます。

どう決めればいい? ビジネスフォンの回線数

ビジネスフォンの回線数とチャンネル数の違い

ビジネスフォンを導入する際、「回線数」と「チャンネル数」について検討しなくてはいけません。 「回線数」というのはその名の通り、実際に使われている回線(外線)の数のことで、外部に通じる電話線の数を意味しています。一方、「チャンネル数」というのは、「同時に何人まで通話できるのか」といことです。例えばひとつの回線で2人が同時に通話できるようにする場合には「1回線2チャンネル」が必要になります。
従来使われていたアナログ回線の場合は 原則として1回線1チャンネルでしたが、現在ビジネスフォンで使われているISDN回線は1回線2チャンネル、IP電話では複数チャンネルが利用できるようになったため、導入の際には回線数やチャンネル数を検討する必要があるというわけです。

ビジネスフォンの回線の種類とそれぞれのチャンネル数

前述したとおり、ビジネスフォンは回線の種類によって利用できるチャンネル数が異なります。では、回線の種類とそれぞれのチャンネル数について詳しく見ていきましょう。

アナログ回線

アナログ回線というのはその名の通り、「アナログ信号」によって通信をする電話回線のことで、昔から家庭で使われている一般的な固定電話のことを意味します。アナログ回線は原則として1回線1チャンネルしか利用することができません。つまり、オフィスで同時に複数人が通話する必要がある場合には、その人数分だけ回線が必要になるというわけです。

ISDNデジタル回線

アナログ回線がアナログ信号によって通信するのに対し、ISDNデジタル回線は音声を0と1のデータに変換した「デジタル信号」を通信に利用するのが特徴です。ISDNデジタル回線は1980年代後半から電話回線として普及し始め、盗聴が困難で音質が良いという理由からビジネスフォンにも広く使われてきました。ISDNデジタル回線では1回線2チャンネルまで利用することが可能です。ちなみに、ISDNデジタル回線は2025年ごろを目処にサービスが終了する予定だと言われているため、オフィスで導入する際には注意が必要でしょう。

IP電話回線

IP電話回線(ひかり回線)というのは、アナログ回線を利用する代わりにインターネットのブロードバンド回線を通信に利用するものを指します。距離によって通話料が変わるアナログ回線とは違い、IP電話回線は遠くにかけても通話料は同じです。また通話料もアナログ回線よりも格安のため、現在はビジネスフォンの主流になっています。ちなみに、IP電話回線は1回線で複数チャンネルの利用が可能です。

ビジネスフォンの回線数の決め方と目安

オフィスの新規開業や移転、人員増加などでビジネスフォンを導入することになったら、最初に回線数をどうするのかを決めなくてはいけません。では、実際にビジネスフォンを導入する場合どのくらいの回線数が必要になるのでしょうか。回線数を決める際のポイントとその目安について詳しく見ていきましょう。

必要なチャンネル数を考える

ビジネスフォンの回線数を決めるためには、まずそのオフィスで「同時にかかってくる、もしくはかける電話の数」がどのくらいあるのかを把握しましょう。その際電話が最も混み合う時間帯に、同時にかかってくる電話の本数を参考にするのがおすすめです。例えば60人が働くオフィスで、5人だけしか同時に電話を使うことができないのでは業務に支障が出てしまいます。とはいえ、働いている人全員が一度に電話を使うということはまずあり得ませんから、60チャンネルは不要です。適切なチャンネル数というのは、その企業の業務内容によっても異なりますが、一般的な目安としては従業員数の3分の1程度が必要だと言われています。つまり、60人が働くオフィスの場合、チャンネル数は20程度あった方が良いというわけです。

回線種類を決める

必要なチャンネル数を把握できたら、次は回線数を決めていきます。回線にはアナログ回線の他に、ISDN回線やIP電話回線などがあり、種類によって利用できるチャンネル数が異なるため、あらかじめ決めておいたチャンネル数を参考にし、最適な回線種別を選びます。    

今回はビジネスフォンの回線数の決め方について詳しくご紹介しました。ビジネスフォンの導入を検討している場合には、上記でお伝えした内容を参考にして、回線数やチャンネル数を決めていきましょう。