目次

機械や設置にかかる費用の内容

「機械にかかる費用」と「設置にかかる費用」があります。

機械にかかる費用

設置にかかる費用

ビジネスフォンの契約の種類

契約は「一括購入」「リース」「レンタル」などから選ぶことができます。

一括購入のメリット・デメリット

一括購入のメリットは、主装置や電話機が自社の所有物になることです。長期間使用する際に選ばれます。
デメリットは初期に多額の費用が必要になることです。

リース契約のメリット・デメリット

リース契約のメリットは、初期に少ない予算でビジネスフォンを使用できるようになることです。
リース料は定額で、経費での処理が可能なことも選ばれる理由になります。天災の場合の保険もあります。
デメリットは、支払総額が高くなることや、途中で解約できないこと、契約終了時にビジネスフォンを返却しなければならないことが挙げられます。

レンタル契約のメリット・デメリット

リース契約との違いは「途中解約が可能」なことです。つまり、レンタル契約のメリットは「ビジネスフォンを最も手軽に導入できる」ことになります。
デメリットは、契約会社の所有している中から選ぶため中古品になることが多いことと、契約の期間や内容によってリース契約より支払総額が高くなることがあります。

まとめ

ビジネスフォンの価格は、契約の種類(一括・レンタル・リース)や契約内容で決まります。
それぞれのメリット・デメリットを理解してから、自社で使用するビジネスフォンの目的に合わせて契約をする必要があります。